尾崎焼 日の隈窯

佐賀県の神埼市にある

日の隈県立公園の自然に恵まれた

中に日の隈窯があります。
IMG_1081
IMG_1117
長年通い続けている佐賀のお友達に

連れて行ってもらいました。
IMG_1069
IMG_1071
お庭のつくばいがきれいです(^^)
IMG_1079
聞くところによると

日の隅窯は作品を購入できる

機会が少ないらしく

連れて行ってもらった日は

昨年の12月の初め
ちょうど作品購入が可能な

「春の窯出し展示会」の初日で

たくさんのファンが訪れていました
IMG_1329
展示会は年に2回開催されるらしく

この展示会に向け、たくさんの

手間と時間をかけて生み出された

花器、茶器、食器、アクセサリー

などの作品が多く出品されていました

ご主人、奥さま、息子さん、娘さん

の家族全員が作品に携わっており

家族の優しい思いが詰め込まれた

作品だと思いました
IMG_1145
IMG_1087
IMG_1143
IMG_1082
ご主人は

19歳から焼き物を学び

23歳で和紙染の師匠の門を叩き

29歳で日の隈窯を開窯して

独立したそうです

一般に見る陶器とは違い

色合いはシンプルなのですが

描かれている花絵はとても繊細で

日本の`わびさび`の心が描かれて

いる印象を受けます
IMG_1081
ゆっくり作品を見て回り

途中ご主人自ら、作品の工程を

説明してくれました
IMG_1098

和紙を草花の様々な形に切り

下書きした図案に沿って

和紙を置き
その上から濃筆を用いて

絵の具を染み込ませていく

技法です
9R
上の写真はHPより引用
IMG_1099
そのあと和紙を取り除き

筆で線描きをします

絵の具には地元で採取したものを

精製して使用しているそうです
素焼きの器に

葉の形の和紙の上から

絵の具で描いて絵付けし
濃淡がつき葉脈などが

くっきりと表現されるのが

特徴です
IMG_1100
白化粧された淡い象牙色の地と

薄い茶色の草花が

落ち着いた調和を醸し出します
IMG_1086
IMG_1106

普通に見る陶芸窯のご主人の

イメージとはほど遠く

全てのお客様に

常に穏やかな顔で接し

優しい口調で丁寧に作品を

説明されている姿を拝見し

感動を覚えました(^^)

そこで思い出したのは・・

「行動・言葉・心」を仏教では

「身(しん)・口(く)・意(い)」

と表現しますが

この「身・口・意」の積み重ねが

「業(ごう)」といいます

日々の「業」の積み重ねが

私たち自身を作り出します

「身」は自分が起こす行動

「口」は自分が発する言葉

「意」は自分の心で思うこと

優しく丁寧な振る舞いや行動で

優しく丁寧な口調や言葉で

優しく相手を思いやる心で

人と接すれば

相手も自分も幸せになります(^^)

人生、何事もお稽古

何度も失敗して何度もやり直して

積み重ねる

陶芸の作品も

私たち自身にも

当てはまることだな~と
思い返すことができた

いい一日でした(^^)
IMG_1113

作品を見学した 後

おぜんざいの振舞いを頂きました
IMG_1137
心のこもった器で食べると

一層、美味しかったです

身も心も温まりました (^^)

目には見えない光を受け

自然の恵みをいただき

感謝の気持ちの上で

出来上がった

尾崎焼 日の隅窯です

 

今年はこんなところで

会うことができます

・日本工芸会西部支部正会員

 新作発表会 福岡三越9

 2/6()〜11()

・有田陶器市出店

 4/29()5/5()

・春の窯出し展示会は

 5/25)5/27()

・秋の窯出し展示会

 11/2()11/4(()

・九年庵出店

 11/15()11/23()

詳しくは事前にホームページで

確認すると良いと思います


ブログランキングに登録しました!

ポチっとしてね(#^.^#)

車中泊ランキング
ペット・動物との暮らしランキング

https://hinokuma-gama.com

尾崎焼 日の隈窯

佐賀県神埼市神埼町尾崎4555-1

0952-53-3018

県道31号線の西九州大学神埼

キャンパス入口を入り

そのまま進むと

大きな日の尺池が見えると

日の隅窯に着きます

日の隅カンツリークラブを目指し